blog

正月早々、大雪に見舞われた2015年の年初め。

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。

さて

長きに渡って受講してきた、栄養管理アドバイザーの講習も無事に最終回を迎えることができました。

(日程の都合上、2コマ同時に受けました(#^.^#))

今回のテーマは、『関節疾患』と『糖尿病』。

関節疾患は高齢の子でやはり問題となってくるのですが、さらに気をつけるべきものが、そう肥満です!

糖尿病でも(特にネコちゃん)肥満は病態悪化を招きかねないです。

本当に肥満は万病の元ですね。

全10回の講習を終えて、これまで以上に処方食自体の、ひいてはそれをお伝えすることの重要性を感じました。

生活と最も密接に関わっているのですから重要なのは当たり前なんですが、改めて勉強することが出来てとても有意義でした。

あとは、総合試験を突破して、目指せ栄養管理アドバイザーですね(^○^)

IMG_3712 (320x240)

 

 

皆様、あけましておめでとうございます。

本年も皆様にとって良い一年となりますようお祈り申し上げます。

さて

新年早々、雪が積もっていますね・・・

三箇日は雪模様とのことです。

お出かけになる方も多いかと思いますので、路面でのスリップ等にお気を付け下さい。

IMG_3669 (768x1024)

 

昨日、午前診終了後、病院の大掃除を済まし2014年の仕事が無事に完了しました。

大掃除で外のガラスを拭いたのに直後に雨が降って、昨日は少し落ち込んでいましたが、まあ良しとしましょうw

今年も残すところあと2日半ですが、ワンちゃんネコちゃん、そして飼い主の皆さん、年末の慌ただしさで体調を崩されませんよう、どうぞ良いお年をお迎えください。

12月23日に東芝主催のエコーセミナーに参加してきました。

内容は心エコー。

実際に講師の先生がエコー検査を実施しているのを見て、自分たちもやるという実習型のセミナーだったので多くのことが吸収できました。

健康診断の際に、心エコーもモニタリングの項目に加えることが出来れば、循環器疾患の早期発見にもつながります。

気になる方は病院スタッフにお問い合わせください。

さて

栄養管理アドバイザーへの道も第8回と終盤に差し掛かってきました。

今回のテーマは『腎臓』。

慢性腎臓病は治る病気ではなく、その後いかにコントロールして生活を楽に送れるかを考えていく病気です。

コントロールする上で、大きな柱になっていくのが食事。

そういう意味で、今回の講習内容は難しかったのですが、飼い主さんにお伝えできることをより明確にするうえで大変有意義でした。

また、慢性腎臓病もより早期に発見できれば、後々のその子の負担は軽減されます。

血液検査に加え、尿検査が腎臓病の発見には重要となります。

こちらに関しても、気になる方、とくに高齢に差し掛かるワンちゃん、ネコちゃんの飼い主さんはお気軽に病院スタッフまでお問い合わせください。

今年は急に寒くなったな、と思っていたらいきなり雪が降りましたね。

ビックリ半分、ゲンナリ半分ですw

雪が降ってはしゃげなくなったら、もう歳なんですかね・・・

それはさておき

今週も栄養管理アドバイザーの講習を受けました。

今回のテーマは『肥満』。

ついにこのテーマが来ましたね。

動物病院で療法食と言うと、多くの方が減量のためのお食事を想像されるのではないでしょうか。

それくらい認知されているにもかかわらず、ダイエットの成功率はあまり芳しくないのが正直なところです。

今回の講習を通じて最も勉強になったのは、自分のワンちゃん、ネコちゃんが肥満であることを認識していない方が多いということです。

気づいていなければ、そもそもダイエットしようかなんて気は起こりません。

当たり前のようで、問題の根幹にあるこの事実。

それも含めて、肥満の相談をお受けした時などに適切な減量プログラムを提示できるように、しっかり勉強しておきます(^○^)

IMG_3591 (1024x320)

今週も、栄養管理アドバイザー資格習得に向けて講習を受けました。

今回のテーマは『心臓』。

今までのテーマの中で一番関連が想像しにくいですね。

ただ、講習を受けてみるとやはり診療に還元できることが多くて、勉強になりました。

講習も折り返しに突入し、総合試験のことを考えると少し憂鬱ですが次回を楽しみに待っています。

IMG_3580

この前、冬の足音が、なんて書いていたら冬が急にやってきましたね。

寒いです。

さて

今週も栄養管理アドバイザーの講習がありました。

今回のテーマは『肝臓』。

肝臓と処方食ってどう関係するの?と思われる方が多いと思いますが、肝臓は代謝の大元なので、食事と密接に関係しています。

ただ、イメージがしにくい部分もあるかと思うので、それをいかに分かりやすく説明していけるか、そのために日々勉強ですね。

栄養管理アドバイザーの講習もようやく折り返し。

残り半分も楽しみです。

image

 

ついこの間まで、まだあったかいなぁと思っていたのですが、着々と冬の足音が近づいてきていますね。
紅葉もそろそろ見納めで、街路樹は大分葉が落ちて寂しさを感じさせてくれました。
皆さんも、ワンちゃんネコちゃんも、体調を崩さないよう気を付けて下さいね。

image

さて
今週の水曜日に栄養管理アドバイザーの第4回講習がありました。
今回のテーマは『消化器』。
フードは当然、消化器と密接な関わりがあります。
今回もどんな子にどのフードを選択していくのかを考える上で、非常に有用な講習でした。
毎回の試験に脅えつつも、勉強になるので次回が楽しみになりつつある今日この頃です(^○^)

11月15日、16日と大阪で開催された動臨研の年次大会に参加してきました。

会場も大きく、実に多くの先生方が参加されていて少し圧倒されてしまいました(#^.^#)

しかし、実に多くの講演を聴くことができ、とても充実した2日間でした。

勉強したことを消化するのが大変ですが、少しでも診察に還元できるよう頑張ります(^○^)

 

話は変わって

本日、栄養管理アドバイザーの第3回講習がありました。

今日のテーマは『皮膚』

皮膚のトラブルは飼主さんが最も気づきやすいものの一つです。

何が原因なのか、どうしていったらいいのかを考えるうえで非常に有用な講習でした。

ただ、回を重ねるごとにフードの種類が増えていくので四苦八苦しています(>_<)w

DSC02489 (1024x683)

 

 

 

CIMG0993 (1280x960)

 

栄養管理アドバイザー資格取得に向け、本日、第2回目の講習&試験を実施しました。

今回は下部尿路疾患がテーマで、最もフード管理で重きを占めている部分ですので、スタッフ一同必死になって聞いていました。

やはり、フードのことは専門家に聞くと分かりやすいですね(^○^)

講習で得た知識を消化しつつ、飼い主さんたちに還元できるように頑張りたいと思います(*^_^*)