blog

皆様、おはようございます。

冷え込みが厳しい日が続いておりますが、こんな寒い日はワンちゃん、ニャンコちゃんの尿路疾患に要注意です!
寒くなると運動量が減るのはワンちゃん、ニャンコちゃんも同じです。
運動量が減り、水を飲む量も減るとオシッコが濃くなります。
すると、オシッコのpHが傾き、尿路結石などの下部尿路疾患を発症する可能性が出てきます。
・あまり水を飲まない
・オシッコが出にくそう/出ていない
・オシッコに血が混じる
など、気になることがあればまずは一度早めにご来院いただくことをオススメいたします。

皆さん、こんにちは。
おがわペットクリニックブログをご覧いただき、ありがとうございます。
季節の変わり目でパッとしないお天気が続いておりますが、ようやく秋が近付いてきましたね。
秋といえば、食欲の秋ということで、おいしい食べ物がたくさんの時期ですね。
美味しい秋の味覚も、中にはワンちゃん・ニャンコちゃんにとって危険なものもあるのをご存知ですか?
今日はその一部をご紹介します。

ぶどう
ぶどうによる中毒で、嘔吐・下痢や急性腎不全を引き起こすことがあります。

サツマイモ・栗
腸内のガスが増え、消化器系の症状が出ることがあります。


下痢・嘔吐や顔の腫れなどの重篤なアレルギーを引き起こすことがあります。

また、季節の変わり目のこの時期には気温差で下痢などの体調不良を起こすワンちゃん・ニャンコちゃんが増えています。
いつもと違う様子を確認できた場合は様子を見るのではなく、早めの治療開始がオススメです。

DSC08239

昨日、キャンパスプラザ京都にて開催されたセミナーに参加してきました。

内容は『腫瘍科医から見た固形がんに対する併用療法』

固形がんを含む腫瘍に対して、外科・放射線療法・化学療法の3つを組み合わせて対応することは古くから行われています。

今回のセミナーでは、いかにその3つを組み合わせるか、あるいはそれに加えて適応されつつある最新のトピックを含め濃厚な内容を話していただき大変勉強になりました。

私たちホームドクターは病気を治療することも仕事ですが、何より早期発見するチャンスが最も与えられた立場にいます。

腫瘍を含め、病気の早期発見・早期治療は重要なことです

ワンちゃん、ネコちゃんがいつもと様子が違う、なんとなく元気がないなど気づくことがあればご相談ください。

文責:獣医師 小川

ファイル_000 (3)

7月1日、2日に東京で開催された獣医がん学会に参加してきました。

金曜の午後からお休みをいただき、大変ご迷惑をおかけしました。

学会の場はやはり気が引き締まりますね。

吸収すべきことが大変多く、実りある2日間でした。

この経験を診療に生かすため、改めて努力を続けようと思います。

文責:獣医師 小川

皆さま、おはようございます!
 昨夜の亀岡市は、猛烈な大雨でしたね。
 そのせいか、本日は気温が低くても、湿度が非常に高くなっているようです。
ワンちゃん、ニャンコちゃんにとって、湿度は大敵です
 閉め切ったお部屋の場合は、設定温度を少し低めにして早めにエアコンをかけてあげましょう。
また、季節の変わり目で日々の気温差も多い近頃、 体調不良で来院されるワンちゃん・ニャンコちゃんが増えています。
下痢・嘔吐などの症状は、治療が遅れるとこじれてしまうことが非常に多いので、
「これくらいなら大丈夫かな?」と思わずに、いつもと違うことがあれば、すぐにご来院されることをオススメします。

みなさん、こんにちは!

4月になりましたが、春本番までは、
まだもう少しかかりそうですね。

4月といえば、狂犬病予防接種シーズンのはじまりです!
あわせて、暖かくなってくるこの時期に、
ワンちゃん・ニャンコちゃんのノミ・ダニ予防の開始もオススメいたします。

※予防接種の際は、ワンちゃんの体調がよい日の、
9:00~10:30頃、または17:00~18:00頃にご来院ください。
(毎月木曜/第三金曜日は休診日です。詳しくはこちらをご確認ください)

みなさん、こんにちは。

冬の厳しい寒さもだいぶ和らぎ、

だんだんと春の訪れを感じる季節となりましたね。

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

先日、おがわペットクリニックの公式LINEが完成いたしました。

こちらでは、当院の休診日や、各種予防のご案内をさせていただく予定をしております。

お得な情報も配信されるかもしれませんので、お見逃しなく♪

友達登録はコチラ

友だち追加

みなさんのご登録をお待ちしております♪

ファイル_000 (1)

1月に引き続き、今回も参加してきました。

夏は東京開催なのでお休みをいただいての参加となり、ご迷惑をおかけしました。

今回も多くの講演を聴き、日頃の診察において改善できる点が多々見つかりましたので内容の消化に努めます。

話は変わりますが、やはり東京は大都会でした。

人の多さ、建物の高さ、電車の複雑さ(僕は嵯峨野線の単純さが大好きです)に圧倒されてしまいました。

中でも、東京駅構内の1番街や地下街は気になるお店がたくさんありました。

来年はもう少しゆっくり見て回ろうと思いつつも、早く帰りたい欲求が勝つ気がする今日この頃です・・・

文責:獣医師 小川

 

ファイル_000 (1)

昨日、メルパルク京都で開催された、KyotoAR神経病セミナーに参加してきました。

今回のテーマは『心疾患にて倒れる犬と猫の診断と治療』

「神経病セミナーで心疾患?」とお思いかもしれませんが、神経疾患と心疾患に共通して認められる症状に『倒れる、失神する』があります。

症状として同じようなものでも、心疾患なのか神経疾患なのか、またはそれ以外なのかを見極めることが診断と治療を進める上で最も重要な点となります。

今回のセミナーでは心疾患にスポットを当て、様々な症例を交えながら講義していただき大変勉強になりました。

自宅でワンちゃん、ネコちゃんが倒れたという時に飼い主さんのお話から少しでも多くのことを汲み取れるように復習に励みます!

最後に、講義の中でも触れられていたことなのですが、自宅でワンちゃん、ネコちゃんが倒れる、あるいは変わった仕草をしているといった場合、可能ならばスマホで動画を撮ってください。

動画を我々が実際に見ることで得られる情報量はかなり多く、さらに専門医の意見を仰ぐ際にも動画があると大変便利ですので、よろしくお願いします。

 

ファイル_000 (960x1280)

1/30、1/31と2日間に渡り大阪で開催された獣医がん学会に参加してきました。

今回から、ドライラボが開催されたりランチョンセミナーがあったりと、充実した2日間でした。

やはり、学会に参加される先生方の意識は高く、随所で良い刺激を受けることができました。

がん学会を通して毎回感じるのは、我々獣医師が『がん』という病気を把握していないと飼い主さんに正確な情報の提供ができない、ということです。

『がん』ということばでいたずらに不安を煽るのではなく、ワンちゃん、ネコちゃんが現在どのような状態で、何をしてあげることができるのかを分かりやすくお示しするためにも、勉強してきた内容の消化に励みます!