blog

みなさま、こんにちは。
本日は、QOLについてお話しさせていただきます。
「QOLの向上を治療の目標に〜」
「QOL低下が認められたら治療強度の変更を〜」
このような会話を耳にする機会があるかと思います。
ヒトの医療では、治療におけるQOLの概念や重要性が広く根付いている印象を受けます。
そして、QOLの重要性は我々獣医師が行なう獣医療においてもヒトと同じ、あるいはそれ以上に理解されるべきだと考えています。

まずは、そもそもQOLとはなんなのか、というお話しからです。

QOL=Quality Of Lifeの略で、生活の質あるいは人生の質と訳されます。
漠然とした言葉なので人によって抱くイメージが異なると思います。
僕は、QOLが保たれた生活とは自分の意思で自分がしたいことを自分がしたいタイミングで出来る生活だと考えています。

病気の治療を行う際、病気の進行による痛みや苦しみ、あるいは治療によって生じる痛みや苦しみ(薬の副作用など)と向き合う必要があります。
この時、僕たち獣医師が考えることが、その子のQOLを少しでも改善することです。

・アトピー性皮膚炎で痒くて夜も寝られない
→痒みを止めることで自分が寝たいタイミングで寝られるようにする

・腎機能低下が進行して食欲が出ない、嘔吐する
→嘔吐を管理し、治療することで自分が食べたい時にご飯を食べられるようにする

・腫瘍の化学療法で副作用が強く出る
→化学療法剤の特性を理解し、副作用が出るタイミングを予測して予防的な投薬を行ない、得られる治療効果は最大に、副作用は最小にできるよう心がける。

・ステージの進行した腫瘍で痛みや食欲不振が強い
→鎮痛薬を使い、痛みの緩和をする。それでも食欲が出なければ食欲増進作用のある治療を組み合わせる。

QOL上昇や維持を考えた治療の例を挙げてみました。

ワンちゃんやネコちゃんはヒトと違い、自分の不調を言葉にしてくれません。
よって、その子たちのQOLについて我々獣医師や飼い主さんが注意深く観察し、汲み取ってあげる必要があります。
これが、獣医療におけるQOLの重要性が理解されるべき最大の理由だと考えています。

今回はQOLのお話をしました。
ワンちゃん、ネコちゃんのQOLを保つことは飼い主さん達のQOL向上にも直結します

自分で話してくれない子達が何に苦しみ、何を訴えているのか。
その気持ちに寄り添えるように日々努力します。

文責:獣医師 小川

みなさま、こんにちは。
本日は夏になると増える皮膚疾患の中から浅在性膿皮症についてお話しさせていただきます。
まずは膿皮症ってなに?というところから解説していきます。
膿皮症とは、皮膚に常在している細菌(特にブドウ球菌)が増殖することで生じる皮膚疾患です。
皮膚のどの部分(あるいはどの深さ)で生じるかで症状が異なるのですが、今回はもっとも頻繁に遭遇する浅在性膿皮症についてお話しします。

表皮小環紅斑

脱毛斑丘疹

 

上のような皮膚の症状を一度は目にしたことがないでしょうか。
すべて膿皮症でみられる皮疹紅斑表皮小環脱毛斑丘疹etc)です。
表皮表面で細菌が増えれば表皮小環や紅斑、毛穴で増えれば脱毛斑や丘疹、というようにバラエティに富んだ症状をみせる病気ですが全て起こっていることは同じです。
ただし、このような症状がある=全て膿皮症ではありません
必ず他の皮膚疾患を鑑別する必要があります
鑑別の方法としては、皮表細胞診、皮膚掻爬検査、毛検査などを実施します。
この検査でブドウ球菌の増殖が確認できれば膿皮症と診断することができます。

次に、浅在性膿皮症の治療についてお話しします。
治療は主に2つの側面から実施します。
一つは適切な抗生剤の投与
もう一つはシャンプーをメインにしたスキンケアです。
僕はこの2つを組み合わせた治療プランを提案することが多いです。
しかし、最近では、膿皮症が限定的ならシャンプー療法のみで治療する、という報告も増えているので症例ごとに治療の適用を考えます。
また、治療終了のタイミングも重要です。
僕は治療を進めて、皮疹が完全に消失した日から1週間は抗生剤を飲み続けるようにお話ししています
先ほども述べたように、膿皮症は皮膚に常在している細菌の増殖が原因で起こる病気です。

ですので、見かけの症状が消えても原因となる細菌は消失することはありません。
症状が消えたと同時に内服を休止すると容易に症状が再発するので、このプラス1週間が重要になってきます。
また、同じ理由で、治療後もシャンプーをある程度続けていただくように指導することもあります。

今回は浅在性膿皮症のお話しをさせていただきました。
夏に増える皮膚疾患のうち、もっともよく遭遇する疾患でありながら容易に再発する、重症化すると治療が長期的になるなど中々厄介なヤツです。
皮膚疾患は見た目の変化が観察しやすいので、飼い主さんが発見しやすい病気です
今回お伝えしたような特徴的な皮疹、あるいは皮膚に気になる点を見つけた場合は早めに獣医師にご相談ください。

文責:獣医師 小川

みなさま、こんにちは。
本日は、いよいよダイエットの方法についてお話しさせていただきたいと思います。
とはいえ、何も特別なことはしません。
ごく当たり前のことを毎日根気よく続けるのみです。
何をするか?適切な食事制限です。

「最近お散歩に行けてないから、運動不足で太ったのかしら?」
よく聞かれます。本当によく聞かれます。
ですが、これはほぼあり得ないです。
確かに、運動をすることで筋肉を維持することは非常に重要です。
ですが、散歩等の運動によるカロリー消費だけで体重を落とすのは非常に困難です。
やはり重要になってくるのが食事制限です。
ダイエットを考えており、食事制限をするケースとして様々なパターンが想定されるので順番に解説していきたいと思います。
① 食事量が決まっておらず、おやつや人間の食べ物を食べているケース
肥満の子の多くはここに該当します。
まずはおやつと人間の食べ物を与えるのをやめましょう。
そして、一日に食べる食事の量(グラム数)を決めましょう。
食事量はBCSに基づいた適正体重で決定しますので一度獣医師にご相談ください
今までおやつを食べる習慣があり、それをやめることが困難な場合はおやつの代わりにフードを与えるようにしてください。
一日の総摂取カロリーを決めてしまえば、そのなかでどのように分割するかは飼い主さんの自由にしていただいて構いません。
② 食事量は決まっているが、おやつや人間の食べ物を食べているケース
このパターンも非常に多く目にします。
やることは①と同様で、まずはBCSに基づいた食事量を決めます。
次に、おやつと人間の食べ物を与えるのをやめましょう。
また、おやつをあげていると一括りにしてみても様々な状況があります。
中でも多いのが、ご家族の誰かがこっそりおやつを与えているパターンです。
普段、病院に来ていただいている飼い主さんは獣医師が直接指導をするのでダイエットの重要性を十分認識して頂けるのですが、他のご家族に中々伝わりづらいことがあります。
ご家族全員で情報を共有しダイエットへ意識を向けられるようにしましょう。
③ 食事量は決まっており、おやつも人間の食べ物も与えていないケース
このパターンで厄介なのが決めている食事量が多すぎる場合です。
いくら食事量を決めていても、その量が必要量を上回っている場合、ダイエットは進みません。
BCSに基づいた一日の食事量を設定して体重の推移を観察しましょう。
④ 適切な食事量を設定し、おやつも人間の食べ物も与えていない場合
このパターンは少し解釈が難しくなります。
一般的なフードの組成はバランスを考えて作られています。
ところが、ダイエットをしないといけない子にとって理想的な組成は高タンパク、高食物繊維、低脂肪です。
通常のフードではこれを満たせないがためにダイエットが進まないケースがあるので、その場合は減量用のフードへの切り替えを指導します。
その子の現在のBCSや目標体重等を設定して減量プログラムを決定するので、一度獣医師にご相談ください。
⑤ 減量用フードに切り替えているが体重が落ちない場合
このパターンは疾患が隠れている可能性があります。
甲状腺機能低下症、副腎皮質機能亢進症などの基礎疾患の存在が原因で体重が落ちない場合があります。
この場合は、疾患の鑑別をするために検査を進めていきます。

今回はダイエットの進め方と食事制限のパターンについてお話しさせていただきました。
最後に、ダイエットをする上で最も大事なのは、焦らないということです。
1ヶ月で劇的に体重が落ちることなどありません。
『継続は力なり』
何をするにしても、この一言に尽きますね。

文責:獣医師 小川

みなさま、こんにちは。

本日は肥満と疾患の関係についてお話しさせていただきます。

 

人間も健康診断で腹囲の上昇を指摘されることに怯えます。

メタボを指摘されることに怯えます。

なぜ怯えるのでしょう?

それは、肥満が病気、とくに生活習慣病の原因になることが知られているからです。

この構図、そのままワンちゃん・ネコちゃんに当てはまります。

 

過去の研究報告で知られているものとして、次のような病気があります。

循環器疾患僧帽弁閉鎖不全症などの疾患の増悪因子になる

呼吸器疾患軟口蓋過長症気管虚脱などのコントロールが困難になる

関節疾患:過体重による疾患発生リスクの上昇、コントロール困難

下部尿路疾患尿結石症の発生リスク上昇

皮膚疾患アトピー性皮膚炎等の痒みのコントロール困難を招く

内分泌疾患糖尿病の発生リスク上昇

その他:手術時の麻酔リスク上昇

 

これらの病気は非常によく遭遇する病気でありながら、コントロールが取れないと著しく生活の質が下がり、生死に関わる可能性があります。

逆に、肥満から脱却することで病気の発生リスク・増悪化のリスクを軽減できるのならダイエットしない手はないですね。

 

今回は肥満と疾患の関係についてお話しさせていただきました。

太っていて丸いフォルムの子達は見ていると可愛いのですが、病気になったり病気のコントロールができなくては元も子もありません。

 

次回はダイエットの方法についてお話しさせていただきますので、合わせてご確認ください。

 

文責:獣医師 小川

みなさま、こんにちは。
本日は肥満についてのお話をしたいと思います。

「うちの子、何キロくらいの体重がベストですか?」
この質問を非常によくお受けします。
でもこれ、とても難しい質問なんです。

そもそも自分のワンちゃん・ネコちゃんが肥満であることを認識していない飼い主さんが非常に多いので、この質問をしてくださる飼い主さんは体重管理に意識が向いている優秀な飼い主さんです。
しかし、体重何キロがベストかと聞かれると回答するのが難しくなってしまいます。
それはなぜか?
個体差が大きいからです。

同じ犬種でも個体によって骨格が異なるため、成犬時体重には差が生じます。
さらに、ケネルクラブ等に登録されていない犬種やミックスの場合、体重の目安すら調べようがなくなってしまいます。

そこで活用したいのがボディコンディションスコア(BCS)です。

スクショbcs犬猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 
※ROYALCANIN犬と猫の栄養成分辞典 より引用

これを参考にして実際に触ってみることで現在のBCSを評価し、6以上の子は適正体型に近づけるための指導をおこなっています。
つまり、その子にとっての適性体重は適正体型になった時の体重である、と考えていただけると良いです。

今回は、肥満を認識するための適正体型・適性体重についてお話しさせていただきました。
今後、肥満による疾患のリスクや実際にどうやってダイエットを進めるかなどをお話しさせていただく予定ですので、そちらも合わせて読んでいただけると幸いです。

文責:獣医師 小川

みなさま、こんにちは。

『エビデンス』最近よく聞きますね。

新型コロナウイルスに関する報道等で多用されているエビデンスという言葉。

僕たち臨床獣医師にとっても診療を組み立てる上で非常に重要な要素です。

では、この『エビデンス』とはそもそも何?ということについてお話ししたいと思います。

Evidence・・・証拠、根拠

辞書を引くとこんな意味が出てきます。

僕たちが使用する場合、『診療する際にその治療をおこなう根拠』という意味で使っています。

では、どのようにしてその根拠を決めているのか。

また、エビデンスのレベルってなんなのか。

図1 

 

 

 

 

※Minds診療ガイドライン作成の手引き2014より引用

 

こんな感じです。

はい、カタカナが多くて難しいですね。

エビデンスレベルはⅠが最も強く、Ⅵが最も弱いという順番です。

ここで注意したいのが、このエビデンスレベルは研究の分類による結論の強さの一般的傾向を順位付したものだということです。難しいですね。

つまり、エビデンスレベルがⅠだから確信をもって推奨できる、というわけではなく様々な要因を総合的に判断する必要がある、ということです。

例えば、研究デザインはとても良くても海外の報告しかなくて、日本とは飼育犬種が全く異なる場合(ヒトなら人種が異なる場合)、遺伝的な違いにより日本国内では当てはまらないというケースが発生します。

逆に、エビデンスレベルの高い研究がないからといって、その知見が信頼できないわけではありません。僕も実際に専門医の個人的な意見(エビデンスレベルⅥ)を参考にして診療を組み立てることがあります。

少し長くなりましたが、僕たち臨床獣医師にとってはエビデンスレベルが高い研究結果を推奨できるならする。しかし、必ずしもそれがすべてではない、というイメージです。

 

『その子その子の診療を組み立てる上で、エビデンスに基づいた治療を提供するのは大事、けれどエビデンスレベルが高いものが必ずしもその子にとっての正解とは限らない。』

まとめるとこうなります。

 

今日はエビデンスってなに?というお話でした。

使用する状況によって若干ニュアンスは異なるのですが、獣医療の現場で使う際のイメージをお伝えさせていただきました。

エビデンスに基づいた治療をするが、エビデンスのみに振り回されずにきちんと個々の症例を診る・・・

基本中の基本ながらもとても重要なことなので、僕たちも常にここに立ち返り日々の診療を行わないといけませんね。

 

文責:獣医師 小川

みなさま、こんにちは。
梅雨も明けていないというのに猛暑が続いていますね。
というわけで、今年も熱中症に注意したい季節がやってきました。
毎年、本格的な夏に突入する前に熱中症を疑うワンちゃん・ネコちゃんを診察する機会が増えます。
最も多い理由がエアコンをつけていない、です。
夏本番になると人間が暑さに耐えられないので僕たちが注意喚起をするまでもなく、エアコンが動いています。
しかし、この時期は風通しをよくすると人間はなんとか耐えられてしまうのです。
この、人間がギリギリ耐えられる環境というのはワンちゃん・ネコちゃんにとっては限界を超えてしまっています。アウトです
メカニズムとしては、人間は体表面に汗をかくので風通しが良いと汗が気化して体温を下げることができます。加えて、人間は暑いと半袖です。
一方、ワンちゃん・ネコちゃんは体表面に汗をかけないので風が吹いても体温は下がりません。加えて、全身皮毛に覆われているので高体温になるとなかなか下がりません。
想像してみてください。暑い部屋、窓を開けて風通しは良い。でもそこにいる自分は厚手のコートを着ている・・・アウトですね
このように、高体温を招きやすいワンちゃん・ネコちゃんの体温を調節するためには室温自体を管理する必要があり、エアコンをつけてもらうのが最も効果的です。
熱中症は軽度の場合、元気消失・食欲不振・嘔吐・下痢等を起こし、重症化すると呼吸促迫や意識障害、多臓器機能障害を引き起こし、最悪の場合は死に繋がる可能性のある病気です。
人間が耐えられる限界と、ワンちゃん・ネコちゃんの限界が異なる点を理解し、熱中症予防に努めて頂けると幸いです。

文責:獣医師 小川

IMG_2577

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

早いもので今日からもう12月ですね。

ついこの間まで、まだまだ暑いなと思っていたのに急に冷え込み、気温の急変に振り回されています。

この急激な気温の変化は、心臓病などの基礎疾患を抱えている子たちあるいは普段は元気な子たちにとっても体に負担がかかります。

実際に、寒くなってから体調を崩した子たちが来院されているので、ワンちゃん、ネコちゃんの様子がおかしいかなと感じたら早めの受診をお勧めします。

さて、11月を振り返り、16日、17日の2日間大阪で開催されていた第40回動物臨床医学会記念年次大会に今年も参加してきました。

毎年、2日間みっちりと専門医の講義や症例報告を聴くことができるのでとても良い刺激になります。

獣医療は日々めまぐるしく進歩するので、アップデートした知識を皆様に提供できるように精進いたします。

文責:獣医師 小川

IMG_2131

7月6日、7日に東京で開催された獣医がん学会に参加してきました。

ここ数年は必ず毎回参加しているのですが、今回も内容が盛りだくさんでした。

獣医腫瘍学のスペシャリストたちから多くの刺激と知識を頂き、日々の診療に反映できる様に尽力します。

また、学会参加に伴い7月5日〜7日の診察が不規則になってしまいご迷惑をおかけいたしました。

本日より通常通りの診察に戻っております。

文責:獣医師 小川幸佑

皆さん、おはようございます。
4月になりましたが、少し寒い日が続いていますね。

毎年4月から6月は、狂犬病予防接種月間です。
生後91日齢以上のワンちゃんは、法律で狂犬病ワクチンの接種が義務付けられています。
ワンちゃんの体調がいい日に、必ず接種するようにしましょう。

※ワクチン前の3日および後の1週間はシャンプー等は避けましょう。
※ワクチン受付は午前は10:30まで、午後は18:00までです。
※ワクチンとワクチンの間は、最低1か月あけてください。
詳しくは当院までお尋ねください。